法人理念

私たちの理念は「困難さを抱えるこども達が発達や学習に必要なリハビリテーションを日常的に受ける環境を提供し、成長に応じた社会参加を支援していくこと」です。

 

児童福祉法では理学療法士や作業療法士、言語聴覚士といった専門職の配置は義務付けられていませんが、当事業所では質の高いサービスを提供できるようセラピストを常勤配置しています。医学的知識や治療技術を備えた専門職を配置することで、全てのこども達に個別指導を提供し、培った能力を家庭や幼稚園、学校などの集団生活において発揮できるよう支援します。

 

北海道こども発達研究センターは、こども達の社会参加を実現し、こども達とその家族が希望を持てる未来を創造していきます。